Sydphpの10月のMeetingに行ってきました。

Nov 1, 2010
AD:

今週の木曜日にsydphpの10月のMeetingに行ってきました。
先月は日本に帰国中だったので参加できませんでしたが、今回で三回目なのでだいぶ顔見知りも増えてきてどんどん楽しくなってきました。

Meeting内容

今回のMeetingは、Yahoo!7から@jadzor@steveathon の二人が来てくれました。
まだMeetingの際に使用した資料は公開されていないので、僕の未熟な英語力と、貧弱な記憶力を使ってを紹介したいと思います。
また資料の公開がありましたら、こちらで紹介させてもらいます。

@jadzor

Title:Distributed PHP
内容は、Message Queueを使用して、処理(Task)の分散をして、サーバを賢く使う方法を紹介してくれました。
@jadzorさんは、現在Gearmanを使って実現しているようです。
Gearmanを各種サーバに設定して、処理の分担を空いているJobServerにやらせて、より効率よく、より安定したサービスを提供できるようなるようです。
僕が、Gearmanがどのような処理をしてくれるのかを、説明するより、すでにKota Sakodaさんが、銀行の窓口に例えて、大変分かりやすく説明してれくているので、そちらを参照してください。
オープンソースで構築する非同期分散処理のプラットフォーム
後半は、Gearmanの説明、サンプル構成の紹介、途中すこしサーバ寄りの話が白熱し時間も結構オーバーしましたが、勉強になりました。

@steveathon

Title:Simple Scalability
発表のまえに、Yahoo!7 DEVELOPER NETWORKのサーバの設置などに便利そうな、ライト&水平器&ドライバーを参加者にプレゼントしてくれました。ありがとうございます。

こちらの内容は、お金のかからない、Scalabilityについて話してくれました。
残念ながら、その際のメモを消失してしまい、記憶力を頼りにすることしかできないので、詳しくは紹介できそうにないです、、すいません。
はじめのセッションが時間をオーバしてしまったので、全体的に深い話にせずに、Scalabilityの設計について、利用出来るサービスと各種アプリケーションとその良し悪しを説明してくれました。
サービスとしてAWS(AmazonWebService)のS3を利用して画像ファイルや、RDSでMysqlデータを保持し、rsync、CVSup、SVNなどアプリケーションで同期させると、比較的安くて、手間もかからず実現できるとのことでした。
肝心の細かいサービス名、アプリケーションの善し悪しを書いたメモをなくしてしまったので、プレゼンの資料が公開され次第、追加報告させてもらいます。

その他

今回もMeetingが終わったあとに、参加者の人達とPUBにいきました。
その際に、sydphpの主催者で、CakephpのDeveloperの一人のGraham Weldonと、
Cakephpについて活動や、開発方法などについて話ができてのは素晴らしかったです。最近はCakephpで開発することが増えたので、感謝の気持ちを伝えておきました。
また、奥さんが日本人女性の開発者の方にも、お声をかけてもらえたり、帰りの電車が一緒になった18歳で開発歴4年の年収が日本円で1000万円の以上のDeveloperにもあえたり、
社内の開発方法、phpSniffでコードレビューや、PHPDeingerで開発を行っていることや、オーストラリアのIT業界について教えてもらえたりして有意義な時間になりました。

Related posts

AD:

No Comments, Comment or Ping

Reply to “Sydphpの10月のMeetingに行ってきました。”

ARCHIVES