WordPressでユーザ情報(wp_users+wp_usermetaからfirst_name,last_name)をSQLで一度に取ってくるSQL

Oct 14, 2015
AD:

WordPressでユーザの情報を名前や、そのほかのもろもろの情報をCSVで出力したかったのですが、そのSQLをメモしておきます。
wp_userテーブルに基本、wp_usemetaに姓、名などの細かい情報が入っているのですが下記のようなテーブル構成になっているので、各種項目を一度に取ってくるには一つ一つをjoinして取ってくるしかないので、メモしておきます。
wp_user_table

SQLはこんな感じです。

もしSQLから直接CSVを書きだしたかったら、参考まにでこちらをどうぞ
MysqlでSelectの結果をCSVにエクスポートする

Twitter: 0 | Facebook: 0 | Google Plus: 0 | Hatena: 0 | Pocket: 2 | Total: 2 | Feedly: 25

Drupalのモジュールを管理しているテーブル

Jul 14, 2015
AD:

先日DrupalのあるモジュールがFunctionのredeclareエラー(同じFunctionを2回呼んでいるよー)がで困った際に調査してわかりましたので、メモしておきます。
調べてみるとたしかにフォルダ別に同じモジュールがあることがわかりました。
でも、どちらのモジュールを使用しているか、Adminページではわからなかったて、同僚に聞いてみるとsystemテーブルなるものがあるようです。

systemテーブルに下記のようにモジュールの種類や、Weight、ファイルのパスなどを確認できるようになっております。
Drupal System Table

Twitter: 0 | Facebook: 0 | Google Plus: 0 | Hatena: 1 | Pocket: 0 | Total: 1 | Feedly: 25

Movable Type 5のデータベースからCSV作成してWordPress 4にインポート

Mar 22, 2015
AD:

MovableType 5.2で構築されたブログのデータをWordpress 4にインポートする作業を最近行いましたが、その際にいろいろと面倒だったので、メモを公開させていただきます。
はじめは、MovableTypeのエクスポート機能とWordpressのMTのインポートプラグインを使ってやったところ、文字化けやカテゴリがまったくうまくいきませんでした。

他にもいろいろと手はあると思ったのですが、最終的にMovableTypeのデータベース(Mysql)からCSV作成して、それをWordpressのCSV用のインポートのプラグインを使ってインポートで解決させました。

WordPressのプラグイン

WordPressにCSVのインポート用に下記のプラグインを使用しました。
WP Ultimate CSV Importer Plugin
WP Ultimate CSV Importer Pluginを使って、まず既存のWordpressの記事からCSVのサンプルをエクスポートしました。
それをさらにインポートして試してみました。すると最低限のフィールドがわかったので、下記のフィールドでCSVを作成しました。
Screen Shot 2015-03-22 at 9.23.57 pm

MovableTypeのデータベースからWP Ultimate CSV Importer用のCSVを作成

上記のフィールドを元に、下記のSQLを作成して、CSVをエクスポートしました。

WP Ultimate CSV Importerは、CSVにヘッダーがないとうまくいかないので、下記のヘッダーを追加してやる

インポート

下記の用に管理画面からインポートとどのフィールドにマッチさせるかを選択して、無事インポートができました。
Screen Shot 2015-03-22 at 10.10.16 pm

Tips

  • パーマリンク設定は、/%year%/%monthnum%/%postname%/に変更
  • MTで内部に使用している画像は同じディレクトリ構成で、WPサイトに設置

Twitter: 0 | Facebook: 0 | Google Plus: 0 | Hatena: 2 | Pocket: 2 | Total: 4 | Feedly: 25

MysqlでSelectの結果をCSVにエクスポートする

Mar 10, 2015
AD:

こんな感じで、SELECT分の後にINTO OUTFILEを追加してあげればOKです。

Twitter: 0 | Facebook: 0 | Google Plus: 0 | Hatena: 0 | Pocket: 1 | Total: 1 | Feedly: 25

MySQL Workbenchで既存データベースからER図を自動に作成

Feb 5, 2015
AD:

結構複雑に入り込んだデータ設計が必要になったので、お客様にもデータを持ち方を確認してもらうためにER図を作成することにしました。
で、MySQL Workbenchに行き着いた感じです。

一部ですが、SQLがすでにあるので、それをいちいち手動でER図書くのは面倒だと思った、ちゃんと既存データベースからER図を作成する方法があるので、メモしておきます。

やり方のメモ

  1. MySQL Workbenchをインストール
  2. MySQLWorkbench1
  3. MySQLWorkbench2
  4. データベースの情報を入力する
    MySQLWorkbench3
  5. Continueを押していくと、Mysqlが持っているデータベースの一覧が表示される。
    MySQLWorkbench4
  6. 画面はWordpressのDBの一覧です。
    どうやらリレーションシップは出してくれないようですね。
    MySQLWorkbench5

Twitter: 0 | Facebook: 0 | Google Plus: 0 | Hatena: 1 | Pocket: 2 | Total: 3 | Feedly: 25

AppFog tunnel Error 600: Not enough memory capacity, you’re allowed: 2048

Feb 13, 2013
AD:

In AppFog, when you connect Database you will use tunnel but I could not access today.

So I searched why and then I found out the problem.

How I fix

When using af tunnel, it uses 64MB that why error was “Not enough memory capacity“.
I just went to Console Page in AppFog and then reduced memory from one of App.

Done

Twitter: 0 | Facebook: 0 | Google Plus: 0 | Hatena: 0 | Pocket: 0 | Total: 0 | Feedly: 25

MacのRails3とMysqlの環境で出たエラー対処のメモ

May 16, 2011
AD:

最近MacでRailsの環境を行っているのですが、Rails3にアップデート( たしかMacPortでアップデートしたような)
して、Mysqlで開発を行おうとしたらエラーがでたので、そのメモを書いておきます。

下記のようなコマンドでプロジェクト?を生成して、さっそく走らしてみる下記のエラー
[bash]$ rails new hoge -d mysql
$ cd /hoge/
$ rails s
dyld: lazy symbol binding failed: Symbol not found: _mysql_get_client_info
Referenced from: /Library/Ruby/Gems/1.8/gems/mysql2-0.3.2/ext/mysql2/mysql2.bundle
Expected in: flat namespace

dyld: Symbol not found: _mysql_get_client_info
Referenced from: /Library/Ruby/Gems/1.8/gems/mysql2-0.3.2/ext/mysql2/mysql2.bundle
Expected in: flat namespace
[/bash]

検索してみていろいろ試してみるが、どれもうまく行かず、最終的に下記のページの内容で解決
http://stackoverflow.com/questions/5894102/bundle-command-the-wrong-mysql2-gem-always-0-3-2
gemのmysqlのライブラリの上げて解決
[bash]
$ sudo gem uninstall mysql2 -i /Library/Ruby/Gems/1.8
$ gem ‘mysql2′,’0.2.7’
$ bundle install
[/bash]

Twitter: 0 | Facebook: 0 | Google Plus: 0 | Hatena: 0 | Pocket: 0 | Total: 0 | Feedly: 25

Timeout error occurred trying to start MySQL Daemonのエラー

Mar 14, 2011
AD:

本日Mysqlにトラブルがありました、その際の復旧方法をメモしておきます。
さっそくサーバにログインして、確認してみるとMysqlのプロセスは確認できました。
Mysqlに接続を試みるものも接続できず。

とにかく、一度再起動を行ってみました。

停止はできるが起動ができませんでした。

解決方法

こういう時は、かならずログにヒントが隠されているのでさっそくログを確認する。
ログの場所はこちら:/var/log/mysqld.log
やはりログに答えは書いてありました、mysqlslow.log に問題ありとのこと。
このログファイルは、SQLの実行が5秒以上かかった場合に残すようにように設定していたログです。

さっそくmysqlslow.logを調査してみる。
mysqlslow.logのサイズが4GB以上になっている。。。。。
とりあえず、ファイルを退避させる。
その後Mysqlの起動を試みる。

見事に起動。

課題

上記の対応で、サービスは稼動しましたが、いろいろと課題あります。

  • 1.ログファイルにローテションを組むようにしとけ!!
  • 2.Nagiosで監視してるけど、今回の現象はプロセスは生きているので発見できず、、、監視体制の見直し
  • 3.SQLが5秒以上もかかっているプログラムを潰さないと。。。
    恐らく、ログは一時期サーバに高負荷に陥ったときに増産されたと思うんんですが、でも対策しないと

Twitter: 0 | Facebook: 0 | Google Plus: 0 | Hatena: 0 | Pocket: 1 | Total: 1 | Feedly: 25

CakephpでMysqlで取得したデータのみだけ文字化け

Mar 9, 2010
AD:

CakephpでMysqlで取得したデータのみだけ文字化けの現象がおきましたので、その時の解決法をメモしておきます。

解決法

/app/config/database.phpに文字コードを指定

上記の設定で解決できました。

Twitter: 0 | Facebook: 0 | Google Plus: 0 | Hatena: 0 | Pocket: 0 | Total: 0 | Feedly: 25

Mysqlの大文字と小文字の区別

Feb 23, 2010
AD:

CakephpでWindowsのローカル環境で開発して、Linuxのサーバに公開したときにひかかったので記載しておきます。
Windowsなど、一部のOSはMysqlは、テーブル名など名前の大文字・小文字は区別しないようです。
Linuxの環境下では、大文字・小文字の区別はするのでCakephpでエラーがでた次第です。
(More…)

Twitter: 0 | Facebook: 0 | Google Plus: 0 | Hatena: 1 | Pocket: 0 | Total: 1 | Feedly: 25

ARCHIVES