A version of the box you’re loading is formatted in a way that Vagrant cannot parse:, It should be in the format of X.Y.Z.

Jan 13, 2017
AD:

下記のエラーがでました。

解決方法

Twitter: 0 | Facebook: 0 | Google Plus: 0 | Hatena: 0 | Pocket: 0 | Total: 0 | Feedly: 25

QQ Musicが中国国内でないと聞けない場合の対処法 Proxyもしくは酷我音乐(Kuwo Music)に乗り換え

Aug 5, 2016
AD:

MacでAustraliaからもしQQ Musicを聞きたい場合Proxy Serverにこいつを追加すべし。

Screen Shot 2016-08-05 at 10.24.34 AM

QQがだめなら酷我音乐(kuwo Music)を導入を検討すべし
http://www.kuwo.cn/down/index
Screen Shot 2016-08-05 at 10.29.06 AM

Twitter: 0 | Facebook: 0 | Google Plus: 0 | Hatena: 0 | Pocket: 0 | Total: 0 | Feedly: 25

MacでPostgreSQLのクライアントならPosticoがかなりおすすめ

Aug 26, 2015
AD:

今までpgAdmin3を使っていたのですが、これが遅い、落ちるたりするのでなかなか使い勝手がよくなかったのですが、先日Posticoなるものを発見して使い出しましたが、かなり気にいっております。

SSH経由での接続ももちろん可能です
Vagrantの中にあるPostgresなんかにもこれで接続できます
Slice 1

接続後の画面
postico

テーブル内のデータ編集画面
table-content-view

SQLの画面
sql-query-view

有料版はFilter機能もあります
Screen Shot 2015-08-26 at 11.30.51 am

詳細

サポートしてPostgreSQLのバージョン
PostgreSQL 8.0, 8.4, 9.1, 9.2, 9.3 9.4、Amazon Redshiftもサポートしているようです。
Posticoはlibpq 9.3.8のパッチをつかっているそうです。
トライアル版と有料版の違い
トライアル版は、お気に入りに5 connectionまでした登録できません。
トライアル版は、1画面でしかしようできなくなっています。
テーブル内の検索機能がありません。()
トライアル版には、期間制限がないので、ずっと使い続けることも可能です。

正直無料版でもよかったのですが、開発者に敬意を示して、ちゃんと有料版を購入しました。

Version Up

Postico v1.0.9 – 2016/08/05
Command + pのQuick Openなるものが追加されていますが、すぐにテーブルに飛べるのでかなり便利です。
Screen Shot 2016-08-06 at 12.43.22 PM

Twitter: 0 | Facebook: 0 | Google Plus: 0 | Hatena: 8 | Pocket: 5 | Total: 13 | Feedly: 25

Mac – homebrewでrbenvを使用している場合のアップグレード方法

Aug 21, 2015
AD:

rbenvを使ってRubyの環境を構築していると思うのですが、
最新のRubyのVersionを入れたい場合、始めにrbenvのUpgradeをしたほうがより最新のものが入ってきますので、その方法をメモしておきます。

これで終わりです。
あとは、下記のコマンドで最新のRubyの一覧がでてきます。

Installはこんな感じですね。

Twitter: 0 | Facebook: 0 | Google Plus: 0 | Hatena: 0 | Pocket: 1 | Total: 1 | Feedly: 25

Vagrant + VirtualBox の環境で紐付けが壊れた際に復旧する方法 – Mac

Apr 25, 2015
AD:

Macを強制終了したら、VagrantとVirtualBoxのリンクがなぜか切れて、vagrant upで立ち上げると新規にBoxをつくろうとするトラブルにあいました。
で、調べたところ.vagrantがもっているVirtualBoxのIDを設定がなくっているようなので、調べてつなげてあげて解決できました。

解決方法

このUUIDをコピーしてきます。そのあと下記のファイルに追加して完了です。

Twitter: 0 | Facebook: 0 | Google Plus: 0 | Hatena: 1 | Pocket: 1 | Total: 2 | Feedly: 25

Macでアップを指定してコマンドからファイルを開く

Mar 24, 2015
AD:

今いるフォルダをAtomで開く

memo.txtをChormeで開く

ちなみに、zshを使っているかもしれませんが、-aを入力してTabを押すとアプリケーションを補完してくれます(/Application/の中に入っている状態ですね。)

Twitter: 0 | Facebook: 0 | Google Plus: 0 | Hatena: 0 | Pocket: 0 | Total: 0 | Feedly: 25

Macでコマンドから複数のファイルの拡張子を一括に変更する方法

Mar 12, 2015
AD:

こんな感じのファイル郡を一括にhtmlからphpに変更したい場合

解決方法

Twitter: 0 | Facebook: 0 | Google Plus: 0 | Hatena: 0 | Pocket: 0 | Total: 0 | Feedly: 25

Homebre update Error: Failure while executing: git checkout -q master エラー対象方法

Feb 23, 2015
AD:

HomebrewをUpdateしようとすると下記のエラーがでた。

対処方法

いちどgitをリセットしてやる

Twitter: 0 | Facebook: 0 | Google Plus: 0 | Hatena: 0 | Pocket: 0 | Total: 0 | Feedly: 25

Vagrant command not found エラー in rbenv + zsh

Feb 17, 2014
AD:

会社から支給されたMacBook Proの環境構築中に地味にハマったので、メモしておきます。

はじめに、rbenvでRuby2.1の環境を構築してから、Vagrantをgem installで入れたのですが、Versionが1.08と古かったので、gem uninstall vagrantで消しました。
その後、Vagrantのサイトからdmgをダウンロードしてきて、最新のvagrant(1.4.3)を入れたのですが、terminalでvagrantを叩いても、下記ようなエラーになり地味に解決までに時間がかかりました。

はじめは、zshの問題かと思い、.zshrcなどにaliasを追加したのですが、それでもだめでした。
oh-my-zshでzshを管理しているので、oh-my-zshの問題かと思い調べていたのですが、解決方法は簡単でした。

解決方法

問題はgemで入れた残骸の問題でした。
なので、下記のように残骸を消して問題なく解決できましたとー

Twitter: 0 | Facebook: 0 | Google Plus: 0 | Hatena: 0 | Pocket: 0 | Total: 0 | Feedly: 25

Homebrew のUpdateでgit pullエラー

Jan 27, 2014
AD:

MacのHomebrew自体のバージョンを上げようと思いupdateするとエラーでできませんでした。

解決方法

brewさん自体がすでに更新されている状態なので、updateするとpullしようとするとぶつかってしまうのが問題のようです。
なので、git fetchで最新を落として、resetでインデックス、ワーキングツリーをすべて変更しています。

参考ページ

Twitter: 0 | Facebook: 0 | Google Plus: 0 | Hatena: 0 | Pocket: 0 | Total: 0 | Feedly: 25

ARCHIVES