2015/11/19についにDrupal 8がリリースされました。

Nov 20, 2015
AD:

ついにDrupal8が正式にリリースされました。2011年の3月から開発がはじまって、約4年の歳月を経てやっとリリースされました。
Drupal 8の特設サイト

なにが変わったのか

Drupal Campや、個人的に少し触っただけですが、だいぶ変わりました。
ボクが一番気にいっているのは、他のフレームワークと同じでオブジェクト指向の設計になっているので、MVCで設計されたPHPのフレームワークを使ったことがあれば理解しやすくなったと思います。Drupal7は習得するのにかなりの学習が必要ですが、Drupal8はその点は楽になるので、かなり楽しみにです。

各種メジャー?なライブラリが追加されました。(Twigはメジャーなのかな)
組み込まれたライブラリのめじゃーどころはこんな感じでしょうか。
ライブラリ管理ツールに
Composer
HTTP Clientに
Guzzle
ORM(RailsでいうところのActiveRecord)のツールに
Symfony2
Viewのテンプレートエンジンに
Twig
WYSIWYGエディタに
Ckeditor
Testツールに
PHPUnit

現場ではいつから使えるのか

これが一番きになるところですが、まだ時期尚早みたいことは回りで言っていますね。
標準で十分使えるのですが、まだPluginsの充実率も低いですが、情報がすくないからだと思います。
でも、言っていてもはじまらないので小規模な案件や、故人の案件では使って行ってもいいかと思っております。
Drupal歴が浅いボクにとっては、Drupal7を理解するよりもDrupal8に学習する時間を当てたいところです。
これからもDrupalの動きが楽しみにです。

Twitter: 0 | Facebook: 0 | Google Plus: 0 | Hatena: 1 | Pocket: 0 | Total: 1 | Feedly: 25

DrupalのViewのTableViewにSortを追加する方法

Nov 10, 2015
AD:

こんな感じでViewのTable ViewにSortを付けたかったのですが、地味に悩んだのでメモしておきます

Screen Shot 2015-11-10 at 11.07.17 AM

Format のSettingsをClickします。

Screen Shot 2015-11-10 at 11.04.44 AM

SortableをCheckしたらSort可能になります。

Screen Shot 2015-11-10 at 11.06.07 AM

Twitter: 0 | Facebook: 0 | Google Plus: 0 | Hatena: 0 | Pocket: 0 | Total: 0 | Feedly: 25

Drupalの画像のクオリティ設定

Aug 20, 2015
AD:

クライアントからDrupalの画像のクオリティが悪いと言われて調べるとデフォルトだとCompressがかかっていることが判明。
URL:/admin/config/media/image-toolkit
Screen Shot 2015-08-20 at 10.04.28 am

Twitter: 0 | Facebook: 0 | Google Plus: 0 | Hatena: 1 | Pocket: 0 | Total: 1 | Feedly: 25

Drupalのwatchdogでログを残す&使い方

Aug 14, 2015
AD:

たとえば、ユーザが追加された際などにWatchDogでログを残しておく場合

結果はこんな感じ

確認ページはこちら
/admin/reports/dblog
Screen Shot 2015-08-14 at 2.54.58 pm
Screen Shot 2015-08-14 at 2.55.15 pm

変数の内容をWatchdogにのこしておきたい場合

結果はこんな感じ

Screen Shot 2015-08-14 at 4.15.51 pm

実際のFunctionはこんな感じです。
https://api.drupal.org/api/drupal/includes%21bootstrap.inc/function/watchdog/7

Twitter: 0 | Facebook: 0 | Google Plus: 0 | Hatena: 0 | Pocket: 1 | Total: 1 | Feedly: 25

Drupal でSQLを書く – example

Aug 13, 2015
AD:

nodeテーブルからtypeをWhereに入れてSELECT

field_data_field_package_periodテーブルから日付をWhereに入れてSELECT

field_data_field_package_periodテーブルからentity_idをINでSELECT

$results = db_select('field_data_field_package_level', 'fpl')
->fields('fpl', array('field_package_level_value'))
->condition('entity_id', array(1,2,3), 'IN')
->condition('field_package_level_value', 0, '!=')
->execute()

Twitter: 0 | Facebook: 0 | Google Plus: 0 | Hatena: 0 | Pocket: 0 | Total: 0 | Feedly: 25

Drupalのdrupal_email()でメールを送る

Aug 12, 2015
AD:

Twitter: 0 | Facebook: 0 | Google Plus: 0 | Hatena: 0 | Pocket: 0 | Total: 0 | Feedly: 25

Drupal commerceでLine ItemからProductの情報を取得する

Aug 12, 2015
AD:

Productの価格を取得したくて、最終的にこのような形で取得することができました。

Twitter: 0 | Facebook: 0 | Google Plus: 0 | Hatena: 0 | Pocket: 0 | Total: 0 | Feedly: 25

Drupal Commerceで購入数を習得する方法

Aug 11, 2015
AD:

ユーザでなくて、変数$orderはDrupal Commerceの中でかなり使いまわします。
$order変数さえあれば、数量(quantity)は習得できるようになります。

参考にさせていただいたサイト
Programmatically show number of items in Drupal Commerce shopping cart

Twitter: 0 | Facebook: 0 | Google Plus: 0 | Hatena: 0 | Pocket: 0 | Total: 0 | Feedly: 25

Drupalのvariable_get()が使用しているテーブル

Aug 10, 2015
AD:

Drupalのvariable_set()や、variable_get()で使用しているデータはvariableに保存されています。
Screen Shot 2015-08-10 at 4.00.53 pm

Twitter: 0 | Facebook: 0 | Google Plus: 0 | Hatena: 0 | Pocket: 0 | Total: 0 | Feedly: 25

Panels モジュール Drupal

Jul 27, 2015
AD:

Panelsモジュールは、テンプレートなどをいじることなく、URLやコンテンツによってデザインを変更できるようになります。
使い方が難しいので覚書しておきます。
Drupal Panels

モジュールの有効化

Drushで一撃で有効化します。

その後、各種ページでPanelsを使いたいばあいはPage Managerも有効にしておきます。
page_manager

ユーザにページをRoleによってデザインを変更したい場合

Panelの参考として、ユーザのプロフィールページをRoleによってデザインを変更したい場合を紹介します。

1./admin/structure/panelsからUser profile templateをEditします。
panels2

2.Add variantでVariantを追加します。
はじめにデフォルトなるもの(条件にひかからないもの)を追加しておきます。
Title: User profile defaultとにでもしておきます。
User profile default

3.Layoutを選びます。
Panel Layout

4.各種CSSなどの設定をいれます。
Panels-css
ここでこいつにCheckいれるとサイドバーなどのBlockが消えます。
Screen Shot 2015-07-27 at 4.25.17 pm

5. 選択レイアウトになにを表示したいか設定します。
表示したい内容を選択して保存します。
Panels Content

とりあえず、これでデフォルトに表示されるものは同じです。

次に、Adminユーザの場合のルールを追加してデザインを変更したいと思います。
1. Add variantで追加
追加する際に、Selection rulesを選択して追加してください。
Panels Admin

2. Ruleを追加します。
RoleがAdminの場合というRuleを追加します。
Panels Rule

3. Adminの時はLayoutを2カラムに変更します。
Screen Shot 2015-07-27 at 5.51.07 pm

4. Profileの横にサイトのロゴを表示させます。
コンテンツを選んで保存します。
Screen Shot 2015-07-27 at 5.52.11 pm

Adminユーザの時だけ、サイトロゴがサイドに表示されるようになりました。
adminユーザのProfile

注意

Variantは上から適応されるので、Weightの並びに気をつけてください。
Screen Shot 2015-07-27 at 5.56.17 pm

Twitter: 0 | Facebook: 0 | Google Plus: 0 | Hatena: 2 | Pocket: 2 | Total: 4 | Feedly: 25

ARCHIVES