海外就職 – オーストラリアでIT(Web)関係の就職活動 その1 – 転職の流れ in 2013

Feb 28, 2013
AD:

今月から、本格的に転職活動をしているのですが、いろいろ学んだので、もし日本人でオーストラリアで就職活動をしている方の参考になればと思いまとめました。

ちなみに、今回でオーストラリアでは2度目の転職活動になります。

オーストラリアの就職活動について

会社の規模や文化によりますが、日本とすこし違って、大抵の会社がエージェント(日本でいうところのリクルート)を使ってスタッフを採用します。
流れ的には、こんな感じだと理解しています。

  1. 会社はエージェントに、希望のスタッフと条件を伝えます。
  2. そのエージェントが、Seekなどの求人サイトに広告を出します。(こちらの有名どころの求人サイトは9割がエージェントだと思っております)
  3. 求人サイトなどから応募すると、エージェントから電話で連絡が入ります。(電話では職歴や、なぜ転職するのか、Visaは持っているのか、技術はどれくらい年数使用しているのかを聞いてきます。)
  4. それでエージェントに気に入ってもらえると、今度はエージェントの会社に行ってエージェントが面接をします。(ここでも、質問は内容は電話とあまり変わりませんが、もう少し質問内容が細かくなります。)
  5. 大抵、エージェントまで面接にいくと、具体的な仕事のオファーの話をされます。(今、こんな案件があるけど、どう興味ある?的な感じです。これが実際に求人サイトから応募したものでないときは多々あります、つまり求人サイトの告知は転職、求職者を見つける餌のような役割を兼ねていることがあります)
  6. その後、会社によりますが、技術テストがあります。(独自フレームワークを作ってとか)
  7. その技術テストをエージェントに渡して、エージェントのクライアント(スタッフを探している会社)が気に入ればいよいよ面接です。
  8. 面接は会社によりますが、最低でも2回はあります。はじめは電話だけだったりします。
  9. 面接では、技術的な質問が多く、今までの経験なども聞かれます。最後には給料はどれくらい欲しいのか聞かれますので、低すぎ高過ぎない程度で答えます。
  10. 1回目のテストでは、面接の後にまた技術テストがあったりします。(1時間で、指定されたフレームワークを使ってギャラリーを作るなど)
  11. 2回目の面接では、大抵マネジャークラスの人と面接します、ここでも技術的な質問や、過去に何をやったなどの質問がされます。
  12. 上記をクリアーすると、ほぼ決まりですが、次はリファリー(推薦してくれる人?)が必要になってきます。
    大抵、過去の働いた会社の上司や、現在働いている会社の同僚などにお願いします。転職先の会社が、リファリーに直接電話するか、文章を提出して、本当にこの人が問題ないか最終確認します。
  13. ここまでのステップを全部終了すると、もうあとは社員の契約をまとめて、転職活動は終了です。

次のblogで実際の準備や、やり方などについてまとめたいと思います。

海外就職 – オーストラリアでIT(Web)関係の就職活動の続き

Twitter: 0 | Facebook: 0 | Google Plus: 0 | Hatena: 0 | Pocket: 1 | Total: 1 | Feedly: 25

ZendFramework 1.12.* と Doctrine 2.3.*の連携

Feb 24, 2013
AD:

仕事でZendFramework1.*を使用することになったので、ORMにDoctrine2.3.*を使用してみました。
下記の記事は、ある程度ZendFrameworkを触ったことがある方が対象になると思います。

構築環境

composerを使ってやりたかったのですが、うまくいかなかったので、結局手動で、Fileをダウンロードして設定しました。

  • Ubuntu 12.04
  • PHP 5.3.10
  • memcache 2.2.7
  • ZendFramework 1.12.1
  • Doctrine 2.3.0

設定に入る前に

KDF Memoさんの記事を参考に導入しました。
おそらく、KDF Memoさんものより、Versionが上がっているので、File構成がだいぶ変わってきているので、地味に設定に時間がかかりました。

最終的に僕のFile構成はこうなりました。
Screen Shot 2013-02-24 at 10.41.29 PM

設定

まず、必要なものをダウンロード
Doctrine ORMよりLatestをダウンロードして、./library/vendor/に入れる
zendframework1-doctrine2より、Bisnaをダウンロードして、./libraryに入れるbinフォルダをコピーして、./に移動

cacheの設定などは、KDF Memoさんの記事に詳しく書いてありますのでそちらを参照してください。

application.iniを書き換える

doctrineの動作確認

Twitter: 0 | Facebook: 0 | Google Plus: 0 | Hatena: 0 | Pocket: 0 | Total: 0 | Feedly: 25

MongoDBコマンド&検索クエリ

Feb 23, 2013
AD:

最近、仕事でMongoDBを使う機会があったので、MongoDBコマンド&検索関係をまとめたいと思います。

検索クエリ

現時点で僕の理解しきれている範囲だとクエリの特徴は下記のような特徴があるようです。
– メソッドの引数にJSON形式のデータを渡す
– 変数が使える
– 制御構造が使える
– カーソルが使える

条件演算子

MongoDBは、JavascriptのエンジンであるSpiderMonkeyを拡張した、Javascriptシェル?です。
なので、JavaScriptの記述でデータのが取得が可能です。

Twitter: 0 | Facebook: 0 | Google Plus: 0 | Hatena: 0 | Pocket: 1 | Total: 1 | Feedly: 25

MongoDBの状況確認

Feb 23, 2013
AD:

ブラウザから確認

MongoDBをインストールした場合は、下記のURLにアクセスすると、MongoDBの状況が確認できるようです。
http://localhost:28017
MongoDB1
ちなみに、上記の機能は–norestオプションで無効化できるらしいです。

コマンドから確認

ちなみに、コマンドでMongoの状況確認は下記の要します。

その他

他にもいろいろな管理ツールがあるようです。

Twitter: 0 | Facebook: 0 | Google Plus: 0 | Hatena: 0 | Pocket: 0 | Total: 0 | Feedly: 25

Ubuntu12.04にMongoDBをインストール

Feb 23, 2013
AD:

このページを参考にUbuntuにMongoDBを入れようと思ったらうまくいかなかったのでメモしておきます。
やっていることは、GnuPGへキーを登録して、MongoDB用のパッケージ管理システムを登録して、インストールの流れです。

操作関係

データの登録、検索

MongoDBは、JavascriptのエンジンであるSpiderMonkeyを拡張した、Javascriptシェル?です。
なんで、JavaScriptの記述でデータのが取得が可能です。

Twitter: 0 | Facebook: 0 | Google Plus: 0 | Hatena: 0 | Pocket: 0 | Total: 0 | Feedly: 25

Ubuntu(12.04) にlessをインストール

Feb 22, 2013
AD:

過去のサイトで、Lessを使用しているものがあったので、lessをインストール

Twitter: 0 | Facebook: 0 | Google Plus: 0 | Hatena: 0 | Pocket: 0 | Total: 0 | Feedly: 25

AppFog tunnel Error 600: Not enough memory capacity, you’re allowed: 2048

Feb 13, 2013
AD:

In AppFog, when you connect Database you will use tunnel but I could not access today.

So I searched why and then I found out the problem.

How I fix

When using af tunnel, it uses 64MB that why error was “Not enough memory capacity“.
I just went to Console Page in AppFog and then reduced memory from one of App.

Done

Twitter: 0 | Facebook: 0 | Google Plus: 0 | Hatena: 0 | Pocket: 0 | Total: 0 | Feedly: 25

Ruby 1.9.3 rails console error by “completion.rb:9:in `require'”

Feb 7, 2013
AD:

I set up Rails Env with ruby 1.9.3p374 & Rails 3.2.11
I tried to use consolce and I got this massage…

Error

Add re-readline

Done

Twitter: 0 | Facebook: 0 | Google Plus: 0 | Hatena: 0 | Pocket: 1 | Total: 1 | Feedly: 25

Railsでサイト名などを設定する場合

Feb 6, 2013
AD:

設定方法

参照方法

Done

Twitter: 0 | Facebook: 0 | Google Plus: 0 | Hatena: 0 | Pocket: 0 | Total: 0 | Feedly: 25

Country Code for Rails with Migration

Feb 6, 2013
AD:

I want to setup contry code for my Rails app so I searched by google there are some Gem but I just want to make Tables & Model.
I used data from here

Make migratiton file

Add SQL from here

and then

Done.

Twitter: 0 | Facebook: 0 | Google Plus: 0 | Hatena: 0 | Pocket: 0 | Total: 0 | Feedly: 25

ARCHIVES