マルチドメインSSLのCSRの作り方

May 22, 2017
AD:

マルチドメインSSLというのものが存在することを、今回はじめて知りました。
WildcardSSLはたまに使っていましたが、今はマルチドメインSSLなんてあるんですね。
便利な世の中になりました。
読んで字のごとく、一つにCertificateで複数ドメインをサポートするものです。

で、csrを作成しないと行けなかったのですが、今までのCSRの作成方法では基本1つしかドメインを指定できないので、すこし違うのでメモしておきます。

OpenSSL Config Fileをコピー

OpenSSL Config Fileをコピーして編集します。

Editing Config File

[ v3_req ] の部分を検索して下記のパラメーターを追加

今回対象のドメインを下記のように追加してください。

OpenSSL Private Key & CSR

Private keyを作成します。

このKeyと先程のexample.com.cnfを使ってCSRを作成します。

Test

で追加したドメインがこんな感じみれたらOKです。

参考先
https://easyengine.io/wordpress-nginx/tutorials/ssl/multidomain-ssl-subject-alternative-names/

Twitter: 0 | Facebook: 0 | Google Plus: 0 | Hatena: 0 | Pocket: 0 | Total: 0 | Feedly: 25

This account is currently not available.でsuで別ユーザに変更できない時

Sep 18, 2008
AD:

suでスーパユーザから別のユーザにログインできないとき

下記のようになった場合

Userの情報を確認する

/etc/passwdから、ユーザのシェルの設定を確認します。

「/nobin/nologin」になっていると、rootでもログインできないので、
「/nobin/nologin」を「/bin/bash」などにしてやるとログインできるようになります。

UserのShellの情報を編集する

更新

じょこさんからShellの変更方法について、指摘がありましたので、viで「/etc/passwd」を開いて直接変更する方法から、’usermod -s’のコマンドを使用して変更する方法に変更しました。

Twitter: 0 | Facebook: 0 | Google Plus: 0 | Hatena: 5 | Pocket: 5 | Total: 10 | Feedly: 25

サーバ障害時の確認事項

May 31, 2007
AD:

障害時のログの確認場所

事前準備として、各各アプリのログの書き出す内容を確認しておく。

Twitter: 0 | Facebook: 0 | Google Plus: 0 | Hatena: 0 | Pocket: 0 | Total: 0 | Feedly: 25

ARCHIVES