Smartyで配列のキー名にハイフン(-)がある場合の対処法

Oct 25, 2010
AD:

最近、XMLのデータをSmartyで使うことが多々あります。
そこで、配列のキー名の中に、hoge-1,test-2などの名前があった場合、「-n」のところが演算子扱いなって困っていました。

解決方法

[php]
{$value->{‘hoge-1’}}
[/php]
地味に悩みました。

Twitter: 0 | Facebook: 0 | Google Plus: 0 | Hatena: 0 | Pocket: 0 | Total: 0 | Feedly: 26

Smarty のtplに直接ファイルを読み込んで表示させる。

Mar 6, 2008
AD:

{ fetch file=”表示したいファイルのURL”}

しらなっかた。。。。

http://www.smarty.net/manual/ja/language.function.fetch.php

Twitter: 0 | Facebook: 0 | Google Plus: 0 | Hatena: 0 | Pocket: 0 | Total: 0 | Feedly: 26

Smartyの設置方法

Feb 26, 2008
AD:

本家サイトから、Smarty本体を落してきてください。
 ↓
解凍すると
 Smarty-2.*.*
  ├demo/
  ├libs/
  ├misc/
  ├unit_test/
  └その他ファイル
が現れますが、使うのは「libs」フォルダです。
 ↓
「libs」をサーバにあげます。
 ↓
次に「tpl」と「tmp」フォルダを作成します。「tmp」をパーミションを707にします。
 ↓
Smartyファイルの読み込み。

 ↓
クラスの呼び出し。

 ↓
各種ファイルの場所を指定
tplの読み込み先

キャッシュの吐き出し先

変数を渡します。

使用するtplを指定

 ↓
完了

Twitter: 0 | Facebook: 0 | Google Plus: 0 | Hatena: 0 | Pocket: 0 | Total: 0 | Feedly: 26

Smartyの修飾子

Nov 9, 2007
AD:

Smartyの修飾子が便利なので忘れないうちにメモしておきます。

使い方

・hoge.php(データの生成)

$smarty = new Smarty;
$smarty->assign(‘hoge’, strtotime(‘-1 day’));
$smarty->display(‘hoge.tpl’);

・hoge.tpl(表示側)

{$hoge|date_format:”%c/%m/%d”}

・実行結果

07/11/08

修飾子の一覧

修飾子 内容 補足
captilize 単語の頭文字を大文字に変換 {}
cat 指定された変数を連結 {}
lower 小文字に変換 {}
upper 小文字に変換 {}
regex_replace 置き換え(正規表現対応) {}
replace 置き換え(正規表現未使用) {}
date_format 日付のフォーマッティング {}
string_format 文字列のフォーマッティング {}
defaultt デフォルト値の指定 {}
strip 空白の除去/置換え {}
defaultt デフォルト値の指定 {}
strip 空白の除去/置換え {}
strip_tags タグの除去 {}
nl2br 改行文字を
タグに変換
{}
escape エスケープ処理 {}
spacify 各文字間にスペースを挿入 {}
truncate 指定行で文字を切り捨て {}
wordwrap 指定行でワードラップ {}
indent インデント {}
count_characters 文字数を取得 {}
count_paragraphs パラグラフ数を取得 {}
count_sentences センテンスを数を取得 {}
count_words 単語の数を取得 {}

Twitter: 0 | Facebook: 0 | Google Plus: 0 | Hatena: 0 | Pocket: 0 | Total: 0 | Feedly: 26

ARCHIVES