BitbucketとPivotalTrackerのチケットとコミットを連携させる

Aug 27, 2013
AD:

Bitbucketとは

先ほど、Yahoo.co.jpで検索した感じだと、日本ではあんまり人気のないかもしれませんが、githubと同じようなサービスですが、僕が使用している理由は、無料で非公開レポジトリが作れます。
お金が発生するのは、今のところリポジトやグループに6人以上追加したい場合です。詳しい値段はこちら

Pivotal Tracker

こちらも日本ではまだまだ人気がなさそうですが、アジャイルのプロジェクトマネージメントサービスです。
詳しくはこちらか – いまアツいアジャイルプロジェクト管理ツール9選+Pivotal Tracker入門 (1/3)

連携方法

1. Pivotal Trackerにいきます、それで右上のメニューからProfileをクリックします。

2. 画面下にAPI TOKENとありますので、そこでAPIのキーを作って、コピーします。

3. Bitbucketの繋げたいリポジトリに行きます、それで歯車のようまアイコンから、リポジトリの管理画面にいきます。

4. 左メニューから’Hooks’をクリックして、セレクトから、Pivotal Trackerを選んで、コピーしたAPIのキーを貼り付けます。

5. Pivotal Trackerでチケットを作成すると、IDが発行されるので、それをコピー(IDは1234657だったと)します。

6. 先ほどのチケットと関連する作業をコミットする際に、git -m “test [#1234657]”こんな感じでコミットして、pushします。

7. Pivotal Trackerのチケットの詳細を開くと、画像のように表示されるようなります。

a

Twitter: 0 | Facebook: 0 | Google Plus: 0 | Hatena: 0 | Pocket: 2 | Total: 2 | Feedly: 0

ARCHIVES